2005年06月21日

はなしがあわない!

なんつーか、はなしのあわない人と話すのは疲れますね。

私 「これこれこういうことじゃない?」
同期「わかりづらい。」

おまえは大学教育を修了しているのではないのか?

というか、同期の女の子への憎しみレベルが「グーパンチしたい」から
「マウントパンチしたい*X(Xは不定)」にまで上がっているのは何とも。

ガンダムの話とかそういうことを話したい訳じゃなくて、
髪型とかそういうくだらない話がしたくないだけなんだ。

親父の手記を(あほらしいと思うかもしれないが、そういうのをのこす質の人だ)読んだら、
そういうので非常に苦しんだ、もとい苦しんでいる、と書いてあった。
そうか、私が親父のようなことで悩む可能性の方が十二分に高いのか。

自分が常に論理的に話している訳ではないが、論理的に話そうと努力している。
そのことを理解しない、理解できない人と話すのは苦痛だ。

しかしながら、私の課題は、自分の考え方、上記のような、が至上の物であるという考え方を捨て、上から見下ろすのではなく、同じ目線から理解しようというのが課題。

正直、難しい。

あと、自分がろくに動こうともしないくせに、人の悪いところばかりを指すのは納得のいかない部分もある、今日、指摘されて正直腹が立っていたのだが、
祖母が峠をバリバリ攻めていることを考えると、うるせぇ!ぶん殴ってやる、とかそういうのは浮かばなくなってきた。
posted by けんたろ at 00:30| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。